永井 雄樹

営業/2015年度入社 永井 雄樹

飲食店でのアルバイト経験が活かせると思い、入社を決めました

アスピットに入社する前は、学校の教員になるための勉強を続けながら、学習塾の講師と飲食店のアルバイトをかけ持ちしていました。教員免許を取得し、教員を目指す日々は充実していましたが、アルバイトでは得られない新たな成長を求めて就職を決意しました。
就職に際しては教員を目指して学んだことや、飲食店でのアルバイト経験を活かせる会社を探しており、アスピットに出会いました。業界未経験者でも歓迎してもらえたことや、外食企業で働くスタッフの負担軽減、業界の発展に貢献できると思ったことが入社の決め手です。

お客様の困りごとを聞き、解決する方法を徹底的に考えています

現在の仕事内容は、既存のお客さまに対してはシステム運用のフォローや更なる業務効率化のご提案、新たなお客様にはASPITシステムを使った業務改善策のご提案を行うことです。入社当初はシステムの仕組みを理解することに苦労しましたが、「なぜこの機能ができたのか。この機能の必要性は何か。」を自分が納得するまでとことん考えることを意識することで、システムへの理解を深めることができました。
ASPITは外食企業運営の基幹を担うシステムなので、責任もありますが、お客さまが悩まれていることをASPITシステムで解決することには大きなやりがいを感じます。経営や業界に関する知識が必要なため毎日が勉強の連続ですが、飲食店の現場で働いた経験や、教員を目指す中で培ったわかりやすく説明する力を活かして、お客さまのビジネスに貢献し、自分自身の成長を目指して日々努力しています。

「業務改善につながった」など、感謝の言葉が一番のやりがい

これまでアスピットで働く中で多くのお客さまにご提案の機会をいただきましたが、その中でも特別な経験は、200店舗を超える規模のお客さまにご提案の機会をいただいたことです。店舗数の多いお客さまはシステムへの期待も大きく、越えなければならないハードルがたくさんありましたが、システム導入による改善効果を出すためにベストな提案を考え抜いた結果、受発注システムの提案を採用いただきました。導入後、「業務が楽になった。早く帰れるようになった。」という感謝の言葉をいただいた時は本当にうれしかったです。
お客さまからの難しいご要望に対して他のご提案をすることなく「できません」とお答えしてしまい、不快な思いをさせてしまった失敗もありますが、どうすればお客さまのご要望を実現できるか考え、ご期待に添える提案が行えるよう心かげることで、これからもお客さまの業務改善に貢献していきたいと思います。

私のワークライフバランス
子どもたちにサッカーのコーチをしています

休日は、近所の小学校で子どもたちにサッカーを教えています。子どもの指導というよりは、私も一緒にサッカーを楽しんでいるという感覚です。日々、成長していく子どもたちの姿を見られることが何よりも楽しいです。

PAGETOP